November 17, 2010

「INSPIRED」プロダクトマネジメントの必読書

Inspired: How To Create Products Customers Love

Inspired: How To Create Products Customers Love

本書「INSPIRED」はソフトウェア業界においてのプロダクトマネジメントを学ぶために必読の書である。著者のMarty Caganは、20年以上にわたり、Netscape、ヒューレット・パッカード、AOL、eBayといったシリコンバレーの代表的企業で働いてきた経歴の持ち主。もっとも最近では、eBayでプロダクトマネジメントおよびデザイン部門のシニアバイスプレジデントを務めた。

序章のところで、Martyはヒューレット・パッカードでの経験を語っている。

1980年代半ば、Martyはヒューレット・パッカードでソフトウェアエンジニアとして働いていた。会社の重要なプロジェクトを任せられ、素晴らしいチームメートと共に深夜まで、週末も犠牲にして一年以上も必至に取り組んだ。完成したプロダクトは会社の望むとおりの出来栄えとなった。ソフトウェアの国際化もし、数ヶ国語にローカライズした。セールスチームのトレーニングをし、プレスでの発表では素晴らしい反響をもたらした。プロダクトの出荷のための祝杯を交わした。しかし、問題がひとつだけ発生した。

誰も製品を買わなかったのだ。

-------------

エンジニアがどれだけ優秀であろうとこうしたことは起こるのである。プロダクトのスペックは誰がどのようにして決めるのか、取り組むプロダクトが適切な仕様であるかどうやって判断するのか?上記問題は、こうしたプロセスをきちんと実行しなかった結果起こったのだ。このための重要な役割を果すのが「プロダクトマネジャー」なのである。本書では、製品開発におけるプロダクトマネジャーの正しい役割を定義し解説し、成功するプロダクトを開発するためのノウハウをプロダクトマネジャーの役割を中心に説いている。

私もシリコンバレーの老舗企業で10年以上ソフトウェアエンジニアとして働いた経験があるが、あー、これそうそう、という例ばかりが載せられている。プロダクトマネジャーの役割の解説が中心だが、もちろんエンジニアやエンジニアリングマネジャー、ユーザエクスペリエンスデザイナーなど製品開発に携わるチームメンバーならば誰もが読むべき一冊だと感じる。

「INSPIRED」は、Marty Caganがもともと個人のブログで書いた内容をまとめて出版されたものであり、英語版はアマゾンで購入できる。英語が苦手という人に朗報は、ついにこの本の日本語翻訳がウェブで隔週で少しずつ無料公開されることになった。公開サイトはこちら。私もほんの少しだけ翻訳に協力させていただいた。翻訳プロジェクトも終盤に近づいた頃に参加させていただいたので、今のところは訳し忘れになっていたブロックをところどころ訳させていただいただけなのだが、これから必要に応じてコンテンツのレビューもすることになっている。サイトの更新はメール購読することもできるので、ご興味のある方は是非!

今回、日本語翻訳で公開されたのは、ソフトウェア開発チームでの役割分担についてが定義されている第一章。プロダクトマネジャー、プロダクトマーケティングマネジャー、プロジェクトマネジャー。この辺りは企業によって役割の定義が違ったり、混乱も多い。私個人の経験では、プロジェクトマネジャー、プログラムマネジャー、エンジニアリングマネジャーの役割が混乱しやすく、皆で揉めあったのを覚えている。「他のチームのエンジニアとコンタクトをするのは誰の役割?え、エンジニアリングマネジャーでしょ、いや、それはプログラムマネジャーの役割だ。いや、技術の詳細を説明するにはエンジニアリング。」みたいに。

業界内で役割の定義のバリエーションはあるし、スタートアップではひとりひとりが幾つもの役割を担わなければならないだろう。しかし、タイトル云々ではなく、どのような役割を割り振る必要があるのか、なぜそうしなければならないのか、という疑問がこの第一章を読めばかなり明確になると思う。

1 comment:

chado10 said...

thank you for recommending a cool book :))